会社を変えたら世界も変わった

嫌だった会社をやめて転職をしたら全てが上手くいくようになりました。

プログラマーになるための就職活動とは?

プログラマーになるには、他の職種と同じように就職活動が必要です。

ただし就職活動をやっても、すぐに受かる人となかなかうまくいかない人がいます。

すぐに受かれば万歳なのですが、受からないと不安になりますよね。

「そもそもプログラマーとして就職できるのだろうか」と、月日が流れるにつれて不安になってしまいます。

プログラマーとして働くためには?

重要なのは、やはりプログラミングの知識、経験です。

しかしそんなことを言っていては、なかなか人材は集まりません。

ですので最低限、コミュニケーションがとれるかどうかは重視しています。

やはりコミュ障では、いくら能力アピールしても、仕事ができない先入観が先走ってしまうのです。

まぁよっぽど能力があれば採用されるでしょうけどね。

未経験の方は厳しいかもしれません。

そのうち「どうせ受けても結果は同じだから」と、就職活動からも逃げていってしまうことも考えられます。

コミュ障 + プログラム未経験だった場合の就職活動

コミュ障でも、プログラマーとして働けている人もいます。

それは単純に能力があるからです。

そうでない未経験者でコミュ障の場合は・・・

まず最低限コミュニケーションがとれなければいけません。

コミュ障だとおもってしまう方は、緊張することでうまく話すことができていないのです。

では緊張しないためには、どうすればいいでしょうか?

おすすめは、言いたいことをノートに書いて整理してみること。

ノートに書きだしてみることで、話す内容が整理されていきです。

これだけでも経験上、少しましになりました。

次に未経験という部分の対策は、プログラマー研修を無料で受けてしまえばいいんです。

最近名前を聞いたのはプログラマカレッジ!

このサービスは、無料でプログラマーになるための研修をしてくれると評判で、それなりにスキルがついたら仕事を紹介してくれます。

一石二鳥ですよね。

年をとるまえに経験をつもう

ぶっちゃけ30歳を過ぎれば、コミュ障でなくても、同世代と比較されて不利になります。

ですのでなるべく、20代のうちに就職しておきたいところです。

研修では、プログラミングスキルだけでなく、面接でのアピール方法や受け答えのコツなども教えてもらえます。

利用の仕方によっては就職できる確率はぐぐぐぐぐっと上がるでしょう。

20代後半くらいなら、すでに余裕をぶっこいている場合ではないので、急いでプログラマカレッジなどを利用してみてください。

手遅れになる前・・・

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2018 会社を変えたら世界も変わった